前へ
次へ

読書をすることで語彙力を高められる

自分が赤ん坊のころのことを覚えている人はあまりいないでしょうが、その時には何かを伝えるにも話すことができませんでした。
つまりは泣くことで大人に何かを知らせる必要があり、親は泣いているのを見てこちらが何か伝えたいことを知ってくれます。
その後徐々に言葉が話せるようになり、言葉で伝えられるようになります。
学校で勉強をしているといろいろな言葉を覚えることができますが、実際に社会生活をしていこうとすると学校で教わる言葉ではとても足りません。
それらの言葉は学校以外のところで修得する必要があり、それを知っているか知っていないかによって将来関わってくる受験にも影響するでしょう。
そこでしておきたいこととして読書があります。
文章の中にたくさんの言葉があり、学校で習うよりも多くの言葉や意味を知ることができます。
ただ言葉を知っていてもそれを正しく使う必要がありその能力を語彙力と言います。
語彙力を高めるためにも読書をするのが良いと言えるでしょう。

Page Top